Service & Solutionsサービス&ソリューション

FM for Dynamics

施設管理から改正省エネ法対応まで
クラウドサービスとして提供

  • 施設情報を一元化し、管理品質を向上したい。
  • 点検・修繕情報を保全計画に反映させたい。
  • 蓄積した情報をオーナーへの提案に活かしたい。
  •  

クラウドサービスで建物の様々な情報を一元管理し、効率的に活用

FM for Dynamicsは、“ビルマネジメントの徹底効率化”を、クラウド形式で実現するシステム。ビルマネジメントにおける日常業務を効率的に管理し、様々な建物情報を保管。建物を取り巻く情報の共有化を低コストで実現。オフィスビルを始め、商業施設、ホテルなど7,500建物(約2万棟)以上※の豊富な管理実績。
※2020年12月時点

        

    主な特長

  • ■施設の様々な情報をクラウドで一元管理。
  • ■構築型に比べ低コスト短納期で導入が可能。
  • ■関係者間で場所の制約を超えた情報の共有を実現。
  • ■簡単操作で日・月報等の報告書を作成。
  • ■豊富な導入経験・サポート対応。
  • ■蓄積したデータの二次利用が自由に可能。
    

FM for Dynamics サービス全体像

ビルオーナー・建物管理会社を始め、一般企業の施設管理、自治体のエネルギー管理まで幅広いニーズにFM for Dynamicsは対応しております。

FM2021全体像

クラウドサービスとは

クラウドとは、インターネット経由でアプリケーション機能を利用するサービス携帯の事で、利用者は月額利用料金を払い、そのアプリケーションを利用します。

インターネットに接続できる環境があれば、簡単に利用でき、隔地間の建物情報や作業情報等をリアルタイムに共有することが可能となり、作業報告のスピードアップ化や異常情報を共有する時間飛躍的に向上します。


クラウドでFM業務が変わる

認証について

 情報開示認定制度は、ASP・SaaSサービスの活用を考えている企業や地方公共団体などが、事業者やサービスを比較、評価、選択する際に必要な安全・信頼性に係る情報を適切に開示し、かつ一定の要件を満たすASP・SaaSサービスを認定するものです。
 ここでは、安全・信頼性に係る実施水準や状態、あるいは事業者の経営状況などではなく、「安全・信頼性についての情報が適切に開示されている」ことが認定されることになります。

協賛団体

公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会主催 JFMA FORUMを協賛しています。

     

ご紹介いただきました

公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 様
2020年春号 JFMAジャーナル2020年春特集号『施設オーナーと管理現場をハッピーに!』を寄稿し、掲載されました。
2019年春号 JFMAジャーナル2019年春特集号『ICT技術の進歩と維持管理データがFMの新しい価値を創造する!』を寄稿し、掲載されました。
2018年春号 JFMAジャーナル2018年春特集号『施設維持管理データが、働き方を変える!』を寄稿し、掲載されました。
2017年春号 JFMAジャーナル2017年春特集号『施設維持管理データがもたらす、経営の見える化』を寄稿し、掲載されました。
公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会 様
月刊ビルメンテナンス 2016年11月号に『ビル管理現場のICT利用とその先の情報活用』紹介記事掲載。
公益社団法人 東京ビルメンテナンス協会 様
広報誌 Network Tokyo 2018年5月号に設備管理のBM最新機器・技術活用セミナーに掲載。
アイティメディア株式会社様
BUILT 『FMに携わる人全員をハッピーにする“人フォーカス時代のFM”とは』に掲載
その他、建物関係のWEB媒体各種に随時掲載・紹介頂いております。
■CAFMシステム
TEL:03-6403-7866 FMソリューション部 営業チーム